クリルオイルの効能について

プランクトンの一種である南極オキアミから摂取されるクリルオイル。
クリルオイルには、血液をサラサラにする効果のあるDHA・EPAをはじめ、抗酸化力の高いアスタキサンチンなどが含まれています。

DHA・EPAといえば青魚由来のものが一般的ですが、クリルオイルに含まれるDHA・EPAはリン脂質型と呼ばれるものです。
従来のイワシやカツオ、マグロといった魚由来のDHA・EPAよりも吸収率が高く、成分が酸化しにくく安定しているため、効果が高いです。

血液をサラサラにする効能があるので、悪玉コレステロールや中性脂肪の対策に役立ちます。
コレステロールが高めの人や肥満・メタボの人にはクリルオイルは注目の成分です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ